デザインの求人を探すとき

およそ、人間が作り出す物は、全て「デザインされている」と言っても過言ではありません。それだけデザインは重要な分野です。普段生活している上で、デザイナーの存在はあまり表に出てこないので、一般的に認知されていない事も多いですが、何気ない生活雑貨、新聞の広告、WEBのレイアウト、工業製品等多岐にわたってデザイナーが活躍しています。物造り大国日本では、古くは職人がデザイナーの一端を担っていましたが、複雑化する今日では、デザイナーの存在は不可欠と言えます。それだけに、デザイン関係の求人は結構頻繁にあります。そこで注意する事は、「自分が何をしたいか」という事です。デザインと一口に言うには、あまりにも広い世界なので、自分のやりたい事を決めておかないと、不本意な結果になってしまう可能性もありますから、注意が必要です。

デザインの求人はどれも、やりがいがあります。

デザインと聞くと、ちょっと華やかな印象を持つ人が多いです。でも、実際は、華やかなのは一握りです。デザイナーの仕事って割と地味で、大変な事も多かったりします。基本的に芸術家とは一線を画すので、クライアントの要求に従わなければなりません。アーティストでは無く、デザイナーは職人に近いと言えるかもしれません。しかし、デザイナーの大きな魅力は、クライアントの意見を吸収して生み出したデザインが、多くに人々に利用されるという事です。自分が手をかけた製品が、人々に手に渡り、生活の役に立つ事こそデザイナーの醍醐味と言えます。デザインと一口に言っても、その世界は多岐にわたり、各々の分野ごとに専門性が要求されますから、求人を探す時、興味のある分野を吟味する事が大切ですが、共通する事は、造り上げたデザインは、世にだされるためにあり、それが喜びに繋がるという事です。

デザイン求人のポイント

デザインと言うと、服飾のイメージが強いですが、実は、全ての製品においてデザインされていない物は無いといえるほど、物造りにおいて重要な分野です。しかし企業で専門的なデザイナーを雇うかと言うと、あまり積極的でないところも多いです。モノ余りの現代、製品の機能性の面では、どの企業も開発に力を入れていますから、市場に出回っている製品は、どれをとっても価格とのバランスも取れていて、甲乙つけがたいと言えます。そんな中で、プラスアルファを加えるとしたらデザインの部分になります。デザインを外注するのも良いですが、将来の事を考え、自社のオリジナルの形を確立するためにも、専属のデザイナーは遅かれ早かれ必要になってきます。そこで求人の際のポイントとして、デザイナーに何を、どこまで求めるかを明確にしておくことが重要です。得意分野は、各デザイナーによって違い、平面か立体物かでも、まったく能力が違うという事は、採用する側が知っておくべきことです。